ライブ感想

【イベント感想】ポピパ ファンミ2019 名古屋(Zepp Nagoya)

『Poppin’Party Fan Meeting Tour 2019!』の名古屋会場(9/5)に参加しました!

ポピパが全国ツアーで各地を訪れるということで、今回が初めてのイベント参加という人も多いのではないでしょうか?

イベントは1時間半という短めの時間だったのですが、企画に幕間映像にミニライブと常に楽しめる内容だったので、実際に短いと感じることはなかったです。それくらいポピパらしい楽しさが、ギュッと詰まった1時間半でした。

今回は、そんなポピパファンミ名古屋のレポートと感想を書いていきます!

★ファンミ名古屋 アジェンダ★

①朗読劇
②MC
③花園たえ 即興絵描き歌 Returns
④山吹沙綾 お姉ちゃん頑張ります! 巨大知恵の輪タイムアタック
⑤市ヶ谷有咲 ミラクルダンシングキーボーディスト講座 番外編
⑥ファンミのテーマソング作り
⑦幕間映像(NGNC、ロッキンジャパン舞台裏映像)
⑧ミニライブ
– 1. B.O.F
– 2.八月のif
– 3.Time Lapse
⑨新情報発表
– 1. 両国国技館 ライブ映像発売
– 2. スタンプラリー特典追加

ポピパファンミのアジェンダを見ていただければわかりますが、1時間半の間にこんなに盛りだくさんの内容が詰まっていました。そりゃあ、短いと感じない訳ですね笑

どの企画も終始笑いの絶えず盛り上がったし、幕間映像ではライブの裏側でハシャいだり泣いたりするポピパの姿を見られたし、ミニライブではぶち上がったし、どこを切り取っても最高だったと言える内容でした!

それでは、それぞれどんな感じだったのか、具体的な内容をご紹介します!

『ファンミ』『Zepp』で押さえておきたい4つのポイントも、ぜひご覧ください!

【イベント感想】ポピパ ファンミ2019 東京(Zepp DiverCity TOKYO) 「ポピパ、修行します!」と言う発言と共に発表された全国ファンツアーも10/3に最終日を迎えました。 最終日はポピパの5人が...
『ポピパ ファンミ』『Zepp』で押さえておきたい4つのポイント【バンドリ!ガルパ】先日、ポピパのファンミ名古屋に参加してきました! ファンミの会場は、ライブハウスとして有名なZepp(ゼップ)ですが、Zepp初心...

朗読劇

花咲川女子学園の夏服という懐かしい衣装で、大塚紗英さん、大橋綾香さん、伊藤彩沙さんがポピパファンミの舞台に登場します!(ツイッター写真左側)

そこから、蔵から名古屋にいつの間にかワープしているという、ぶっ飛んだ設定の朗読劇が始まります(褒め言葉)

名古屋にワープしている状況を整理しながら、これからどうするのか3人で知恵を絞っていくという話なのですが、

おたえ「名古屋名物を食べに行きたいね」
有咲「そんなことを言ってる場合か!一体どうするんだ?」
おたえ「もちろん割り勘で」
有咲「そうじゃなくてー!!」

こんな感じで、ご当地ネタを絡めて、おたえの天然ボケ、沙綾のキラーパス、有咲のツッコミのテンポのいいやり取りが面白いこと面白いこと!(重要なことなので2回ね)

最後は、いつの間にかおたえの左手に書かれた『修行』の文字(でもおたえの筆跡)をヒントに、路上ライブして修行しないと!手羽先キラキラ―!という内容で締めくくられます。

最後、何を言っているのかわからないって?ごめんなさい、僕にもわかりません…笑

MC

朗読劇を終えて、改めてファンミ名古屋が開催となります。自己紹介から掴みの話まで、場数を踏んでるだけあって、面白さと進行に安心感があります。

Zepp Nagoyaまでのタクシーの移動で、運転手から「SKEのメンバー?」「それにしては年齢上に見えるね」と上げて落とされたという自虐ネタは、ポピパの緩さが出ていていいですね笑

それにしても、ファンミ2017の時は、ハライチ岩井さんが話を回していたことを考えると、ファンミMCを自前で出来るほどポピパは成長しているということですね。

というか企画はファンミ2017年を意識した第二弾的な内容になっているのか!そう考えると、今回のファンミは思っていた以上に厚みのある内容ですね。

「Poppin’Party 2015-2017 LIVE BEST」にファンミ2017の様子が収録されているので、これから行く人はぜひ予習してください!

花園たえ 即興絵描き歌 Returns

大塚紗英さんが即興で絵描き歌を作り、それを実際に聞いて描いてお題を当てる、というコーナーです。

今回のお題は『名古屋城』『朝日六花』『キラキラドキドキ』なのですが、それぞれ当てられるという素晴らしい結果に!

『名古屋城』は伊藤彩沙さん、『朝日六花』は大橋綾香さん、『キラキラドキドキ』は二人とも正解と、大塚紗英さんの遠からず近からずな絵描き歌でわかるなんて、長い付き合いということを感じさせられます笑

『キラキラドキドキ』に関しては、絵描き歌が「何も書かなくていい~♪」から始まるし、そもそも概念だし、とハードルが高いはずなのですが、最終的に『キラキラドキドキ』というワードをフリップに書けてるからすごい!

山吹沙綾 お姉ちゃん頑張ります! 巨大知恵の輪タイムアタック

巨大な知恵の輪が解けるまでの時間を、別会場での挑戦と競うコーナーです!(ツイッター写真左側)

最初は3人で挑戦していたのですが、途中 大塚紗英さんが1人でガチャガチャと動かしているといつの間にか知恵の輪が外れます!10分の持ち時間があったのですが、1分18秒でクリアと予想外に好記録が出てしまい、尺が大幅に余ってしまいます笑

工藤晴香さんの「おうちに帰るまでがライブ」ならぬ「元に戻すまでが知恵の輪」というセリフによって、尺を埋めるため再度3人は挑戦しますが、今度は時間切れとなってしまいます笑

市ヶ谷有咲 ミラクルダンシングキーボーディスト講座

お題をダンスで表現してそれが何か当たるという、ダンスの名を借りたジェスチャークイズです笑

伊藤彩沙さんは『ロケット』『改札に引っかかる香澄』というお題をダンスで表現するものの、お題の難易度の高さで正解してもらうことは出来ず。制限時間が訪れるまでダンスを続けたので、終わった後は息切れがすごかったです笑

反対に、大塚紗英さんは『Roselia』を、大橋彩香さんは『味噌煮込みうどん』をダンス(ジェスチャー)すると正解が出ます!大橋彩香さんが煮込まれるうどん側を表現し始めた時はどうなることやらとハラハラしましたが笑

ダンスという得意分野の畑を荒らされた伊藤彩沙さんは、「あなたたちは成長した、もう何も教えることはないよ」と潔く身を引きます。

そして最後は、仲良く3人でRoseliaのダンス(というよりモノマネ笑)を披露してコーナーは締めくくります。

伊藤彩沙さんは相羽あいなさん、大塚紗英さんは工藤晴香さん、大橋彩香さんは櫻川めぐさんをモノマネしていたのですが、みんな似てる!

伊藤彩沙さんは相羽あいなさんが大好きなので、細かいところまでモノマネしていて、こだわりを感じました笑

ファンミのテーマソング作り

ファンミのテーマソング作りは、ギターのコードが事前に用意されているので、それに合った歌詞やメロディを即興で考えていく、というものです。

即興ソングは、ポピラジの1つのコーナーで、ガルスタ祭でも披露したポピパ自慢のコンテンツです!

公式ツイッターのタグにもなる「即興ソングバンドポピパ」というパワーワードは、このコーナーで大塚紗英さんの口から生まれます笑

今回のファンミソングのタイトルは「名古屋を食べたい」ということで、現地のファンから寄せられた「手羽先」「味噌カツ」「天むす」「ランドグシャ」「ういろう」などのキーワードから、即興で歌い上げます。

大橋彩香さんの個性溢れる合いの手ラップで笑いがありつつ、僕らファンも歌いながら大いに盛り上がりました!この即興ソングは収録されているようだったので、またどこかで聞けると思うと楽しみですね。

このコーナーは各会場で行われるようですので、これから参加する方は楽しみにしてくださいね!即興ソングのブレーン大塚紗英さんがいない大阪は大きな不安が残りますが笑

幕間映像(NGNC、ロッキンジャパン舞台裏映像)

ファンミのテーマソング作りが終わると、前半の部が終了ということで、3人は舞台袖にはけていきます。

その間、幕間映像として、NGNCとロッキンジャパンの舞台裏の映像が流れます。

NGNCの舞台裏は、初のドーム公演、初の対バン、Silent Silen とのコラボに、はしゃぎ浮かれるポピパの姿が印象的でした。

ロッキンジャパンの舞台裏では、ロッキンを楽しむポピパと、会場と演奏の熱気、そして演奏後に涙する愛美さんの映像が流れ、エモさが詰まった内容でした。

そんなロッキンジャパンのライブ感想を書いてますので、ぜひご覧ください!

【ライブ感想】Poppin'Party(ポピパ) ロッキンジャパン 2019 Poppin'Party(ポピパ)の出演するロッキンジャパン2019に参加しました! フェスということで、いつも以上に熱気...

ミニライブ

幕間映像が終わると、NGNCの時の衣装に着替え変わった3人が戻ってきます!幕間映像はライブの幕間映像みたいに長いものではなく、早着替えしての登場です。

そして歌うのは『B.O.F』『八月のif』『Time Lapse』の熱い熱い3曲です!

愛美さんがいないので、いつもとは違うフレーズ割りで、ファンミ名古屋でしか聞けない唯一無二な演奏でした!

『B.O.F』は大塚紗英さん、『八月のif』は大橋彩香さん、『Time Lapse』は伊藤彩沙さんがメインボーカルを務めました。

特にTime  Lapseは愛美さん以外が歌うフレーズはほぼない曲なので、伊藤彩沙さんが歌ってるというのは新鮮で、新しい角度から楽しめました!

新情報発表

新情報はすでに公式ツイッターで発表されている通りです。

フォロワーさんに教えていただいたのですが、両国国技館のライブ映像は14,000円(税別)と、今までと比べると収録曲の割りには高い気がしますね。

もちろん買うんですけどね!!

まとめ:ポピパが詰まった1時間半、満足度の高いイベント!!

以上、ポピパファンミ名古屋のレポート・感想になりますが、如何でしたしょうか?

ツイッターでも、この内容だったら全通したい!という声をよく見かけるぐらい、満足度の高いイベントでした!

これから参加する人は、各会場で雰囲気が変わってくると思うので、ご当地ならではの雰囲気・ネタを存分に楽しんでくださいね!

次回、僕は東京会場に参加するので、ファンミ名古屋との違いも楽しみたいと思います!

【イベント感想】ポピパ ファンミ2019 東京(Zepp DiverCity TOKYO) 「ポピパ、修行します!」と言う発言と共に発表された全国ファンツアーも10/3に最終日を迎えました。 最終日はポピパの5人が...
ABOUT ME
よしお(P)
★バンドリブログの人です。★アニメ・ゲーム・ライブ・リアルイベントなど、バンドリの良さを伝えたくてブログ頑張ってます!★自己満でやってますが、応援してもらえると嬉しさのあまり泡吹いて倒れます!★ポピパ箱・戸山香澄が最推し、全バンド推しです。★ツイッターはこちらから⇒Follow @CirclingEgg

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です