ゲーム・アニメ

ランクマッチ シングルバトル向け!有名なパーティ構築まとめ【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 ランクマッチ シングルバトルの有名なパーティ構築を一覧にまとめました。

構築をまとめる際に、それぞれの構築の基本的な「戦術」や、構築の意図を「解説」しています。

ランクマッチの初心者の方や、ランクマッチになかなか勝てずに悩んでいる方は、有名構築どころの戦術や構築意図を知ることで、

  • 出し負けない選出をするため、よく見る構築の戦術を知る
  • 負けないパーティ構築を組むため、構築を参考する

といったように、負けないプレイングや構築の組み方を学ぶ、足がかりとしてください!

要望あれば、各構築の調整や技構成のサンプルも掲載したいと思います。

最終更新日:2020年3月14日

壁ロンゲキッス(S1~)

 
ポケモン オーロンゲ + トゲキッス
戦術 オーロンゲが両壁を貼り、トゲキッスが壁下で悪巧みを積み、ダイジェットによって全抜きを狙っていきます。
解説 ポケモン剣盾は、攻撃と同時にS上昇が出来る「ダイジェット」を使える抜きエースが非常に強力です。
トゲキッスは、タイプ一致でダイジェットを打てて、積み技も覚える強力なポケモンです。そんなトゲキッスを積むスキを作る、弱点保険を発動させるため、オーロンゲで両壁を貼っていきます。

ヌルアント構築(S1~)

ポケモン タイプ:ヌル + アイアント
戦術 タイプ:ヌルの欠伸により対面操作を行い、アイアントの高火力を有利対面から押し付けます。
解説 アイアントの特性はりきりは、「こうげき」が1.5倍になる代わりに、「命中率」が0.8倍となります。しかし、ダイマックス中は必中となるため、デメリットがなしで高火力な技を打てます。
タイプ:ヌルはしんかのきせきを持たせると、剣盾でも屈指の耐久ポケモンとなります。アイアントの不利対面で後出ししてから、欠伸によってアイアントをうまく着地できる機会を探ります。

ドラパミミパルシェン構築(S1~)

 

ポケモン ドラパルト + ミミッキュ + パルシェン
戦術 弱点保険持ちのドラパルト、いのちのたま持ちのミミッキュ、きあいのタスキ持ちのパルシェンによる、対面構築です。
解説 対面構築(*1)とは基本的に交換をせず、広い技範囲と、タスキなどの行動保障によって戦っていく構築です。
弱点保険を発動させたいドラパルトがダイマックス前提となるのですが、ミミッキュやパルシェンはダイマックスしなくても強いポケモンで固めているところがポイントです。
この構築で最も有名な記事は、S1最終16位だったるどるふさんの記事(*2)です。

(*1)脱モンスターボール級のためのパーティー構築:対面構築編
(*2)【ポケモン剣盾】最終16位 ダイマックス+ミミッキュパルシェン【構築記事】

サザンガルド(カビ)構築(S2~)

 
ポケモン サザンドラ + ギルガルド (+ カビゴン)
戦術 全タイプを半減以下に出来る優れた相性補完を持つサザンドラとギルガルドで、サイクルを回していく構築です。
この2匹だけではサイクルの消耗が激しいため、カビゴンを構築に組み込むケースも多いです。
解説 ギルガルドはどくどくの没収や、キングシールドの弱体化によってS1ではあまり見かける機会がありませんでした。しかし、S2からはこだわりアイテムを持ったサザンドラの引き先や、TOD要員として見直されています。
また、サザンドラはポケモンHomeが解禁前の環境では、非常に強力な特殊アタッカーです。S2の使用率ランキング(*)からも、特殊アタッカーと言えば、サザンドラもしくはトゲキッス、という環境だということがわかります。

(*)【ポケモン剣盾】ランクマッチ シングルバトル集計とその考察【シーズン2後期】

カバギャラ構築(S2~)

ポケモン カバルドン + ギャラドス
戦術 カバルドンで起点作成を行い、いのちのたま持ちのギャラドスでダイジェットと自信過剰によって抜いていく構築です。
解説 S1からもこの並びはありましたが、いのちのたまによるギャラドスの高火力が見直され、カバギャラ構築として確立することになりました。
ギャラドスは相手をダイジェットで倒せれば、AとSを一気に上げることの出来る強力なポケモンです。りゅうまい型も一定数いる一方、技範囲を広げたフルアタ型も、いのちのたまを持たせることで、より止まりにくくなるためおススメです。

ミミカビ(ガルド)構築(S2~)

   
ポケモン ミミッキュ + カビゴン (+ ギルガルド)
戦術 ミミッキュのトリックルーム展開後、カビゴンがのろいなどを積んで抜いていく構築です。
また、初手に対応範囲の広いタスキ持ちギルガルドを投げて、相手を1匹倒してからミミカビを展開することも多いです。
解説 カビゴンの主力であるノーマル技のキョダイ技は、S下降のためトリックルームと相性が悪かったです。しかし、S2から解禁されたカビゴンのキョダイマックス技はS下降がなく、またHPを回復できる(可能性がある)技として、猛威を振るっています。
また、高耐久・欠伸持ち・積み技を覚えるカビゴンは、単体としてのスペックが高く、別の構築に入れやすいところもポイントです。

ミミッキュ+ウオノラゴン(ミミノラゴン)

ポケモン ミミッキュ + ウオノラゴン (+ ダイマックスエース)
戦術 ミミッキュがトリックルーム展開後、こだわりハチマキを持ったウオノラゴンの高火力で攻めていきます。

ミミノラゴン構築の詳細を見る!

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です